陶芸教室に通う女性が増えてきています。
では、なぜ陶芸教室に通う女性が増えてきたのか、陶芸の魅力について紹介します。

まず陶芸教室に通えば、自分の好きなデザインの器を作る事が出来ます。
器を購入する時に、この器可愛いけれど、もう少しサイズが小さかったらとか、形は好きだけど色はイマイチ。
そんな気にいらない部分があって、購入をとまどう事ってありますよね。

ですが器を自分で作ってしまえば、自分の欲しい理想の器を作る事が可能になります。
そんなすぐに自分の理想の器が作れるの?
そう思う人もいるかもしれません。

確かに商品として売るレベルの器を作ろうと思ったら、難しいと言えます。
ですが自分が使用する分には、初心者でも十分に満足するレベルの器が作れます。
それにもし左右均等ではなく、器が歪んでいたとしましょう。

でも自分が作った器であれば、その不格好ささえも愛しいという気持ちになり、味があっていいと思えるはずです。
自己採点が甘いと言われてしまいそうですが、商売ではなく趣味の領域だからこそ、自分が楽しく満足出来ればそれでいいのです。

また陶芸は、粘土をこねて、ろくろで成形して形を整え、絵付けや釉薬で仕上げます。
クリエイティブな作業なので、いろいろ考えながら作る事が出来、刺激的だと言えるでしょう。
同時に粘土に触る、色を塗るという作業は、学生時代は図工や美術でする機会もありますが、大人になると無縁になります。
だからこそ久しぶりにする感覚が楽しいですし、無心になる事が出来ます。

それに陶芸の魅力は、器を作って完成ではありません。
完成した器に、料理を盛り付ける楽しさもあります。
陶芸を習い始める人の中には、料理にも拘る人が多いというのも納得です。

そして陶芸は、料理を盛り付ける器だけでなく、花を飾る花瓶やお酒を飲むお猪口なども作る事が可能です。
なので、ガーデニングが好きという人であれば、自分が育てて綺麗に咲いた花を飾るのにぴったりな花瓶を作る事が出来ます。
お酒好きな人なら、お酒をより美味しく飲めるお猪口を作る事も可能です。

このように自分の好きな事に、陶芸を関連づける事が出来るのも、陶芸の魅力の1つだといえます。
他にも器に限定されずに、ボタンやビーズ、アクセサリーなども陶芸で作れてしまいます。
そのためオシャレアイテムにも、陶芸は最適なのです。
人と同じモノは嫌という人であれば、自分だけのオリジナルの可愛い物を作ってしまいましょう。

陶芸の魅力を紹介していくと、陶芸教室に通う女性が増えている理由がよく分かります。
もし何か新しい事を始めてみたいけれど、何をしたいのか分からないという人がいれば、陶芸を始めてみる事をオススメします。